桐たんすは梅雨に注意

梅雨の時季は、桐たんすにとって注意が必要な時季です。

桐たんすにカビが生える原因はいくつかありますが、主なものは桐たんすを使っていた部屋をしっかりと換気していなかったということが考えられます。また、桐たんすに塗ってあった塗料があまり質の良いものではなかったという可能性もあるでしょう。

桐たんすに塗るトノコや夜叉の実には微生物が生息しているため、換気が悪いと微生物が悪さをしてカビの原因になることもあるそうです。桐たんすに塗料を塗っている段階では微生物がどれくらいいるかというもの確認するのことは困難で、梅雨の時季になると実は微生物が生息していたということに気付かされます。微生物が梅雨の湿気で異常発生して、点々と桐たんすにカビが生えてしまうのです。

カビを見つけた時に多くの人がやりがちな失敗が、カビの箇所をこすったり水で拭いたりすることです。これをすると、塗料がはげてしまうので絶対にやめましょう。カビが生えたら、まずはそれ以上、増えないようにすることです。たんすや引き出しを陰干ししたり、部屋の換気を改善することが重要です。

より長く使い、次の世代へときれいな状態で受け継ぐためにも、桐たんすにとって良い環境をつくるように意識しましょう。